1995年リリースされた Japanese Hip Hopの名盤15作品まとめ

1995年に発売されたJapanese Hip Hopのまとめ。日本語ラップ名盤特集ページ。

1995年リリースされたJapanese Hip Hopの名盤15作品

1995年というと、ジャパニーズ・ヒップホップの作品が飛躍的に増えた年である。本場アメリカのヒップホップも良盤が多くリリースされていた。

日本では、まだまだ商業的に成功を収めるのはむずかしかった時代。「日本語ラップ冬の時代」などと呼ばれていた。

メジャーとは隔離され、アンダーグラウンドなコミュニティでのみ盛り上がりをみせていた1995年。このころにリリースした作品を以下にまとめてみる。

目次

  1. 1995年を象徴する名盤3枚
  2. Funky Grammar(ファンキー・グラマー)周辺の作品
  3. Little Bird Nation(リトル・バード・ネイション)周辺の作品
  4. オムニバス作品
  5. そのほか注目の作品
  6. 追記

1995年を象徴する名盤3枚

正直な話、ミドル90'sのジャパニーズ・ヒップホップをかんたんに理解するには、この3枚をおさえておけばいい。これらは日本語ラップを開拓したすばらしい名盤だ。

歴史を知るうえで、避けてとおることのできない作品がここにある。

空からの力
空からの力
King Giddra(キングギドラ)
評価
日本語のラップにおいて、韻を踏むこと(ライミング)に重きをおいた最初の作品。この作品以降「ライミング」という新たな価値基準の項目が増えた。

「体言止め」を多用した押韻スタイルは、またたく間に後続アーティストへと感染。安い模造品が出回ることになるが、ラッパーを目指す多くの若者に多大な影響を与えた功績は大きい。

楽曲ごとにしっかりとテーマが決まっており、ときには社会問題などにまで言及している。メッセージ性のつよい作品。サウンドはダークなものが多い。代表曲は、「大掃除」「真実の弾丸」「行方不明」など。

…詳細を見る
Don't Turn Off Your Light
Don't Turn Off Your Light /
Microphone Pager(マイクロフォン・ペイジャー)
評価
もともとこのグループは、4人のMCが矢継ぎ早にマイクを交換していく”マイクリレー”に定評があった。N.M.U.(ニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド)や、妄走族(モウソウゾク)などがその系譜をたどっている。

彼らにとって集大成となるはずだった、このファースト・アルバム。メンバーの脱退などが相次ぎ、事実上、Muro(ムロ)とTwigy(ツイギー)の2人組グループとなっていた。

低音を強調したベース音と透明感のあるクリアな”うわモノ”がみごとに調和したサウンド。賑やかでファンキーだったこれまでのサウンドとは大きく異なる。

代表曲は、「Rapperz are Danger」「病む街」など。「Don't Turn Off Your Light -89TEC9 MIX-」はインストでも聴ける。

ちなみに、勢いのある”マイクリレー”は、アルバム収録曲以前のシングル作品などで聴くことが可能。後に発売された「Microphone Pager」をチェックすべし。収録曲「Microphone Pager」「改正開始」は圧巻。

…詳細を見る
エゴトピア
エゴトピア
Rhymester(ライムスター)
評価
ご存知、Rhymester(ライムスター)のセカンド・アルバム。肩の力をぬいたスタイルは、これまでの「こわもてハードコア」とは一線を画す。むしろそれらをギャグにしながら、日常の出来事などを、面白おかしくラップしている。

なにより聴くだけで楽しそうな雰囲気が伝わってくる。酔っ払いのライマー、Mummy-D(マミーD)の「くだを巻いたラップ」がいい。宇多丸に関しては、現在とかなり異なるフロウを楽しむことができる。

いずれにしろ、2人とも毒舌であるのは間違いない。代表曲は、「知らない男」「口から出まかせ」「And You Don't Stop」など。

…詳細を見る

Funky Grammar(ファンキー・グラマー)周辺の作品

ファンキー・グラマー(単に「FG」と呼ぶことも多い)は、Rhymester(ライムスター)を中心に、East End(イースト・エンド)やMellow Yellow(メロー・イエロー)らが所属する集団の総称である。

もともとRhymester(ライムスター)のアルバム「俺に言わせりゃ」に収録されていた「Funky Grammar」という曲に、上記3グループが参加したことがきっかけで結成。

後に、By Phar The Dopest(バイ・ファー・ザ・ドーペスト)や、Rip Slyme(リップ・スライム)の元メンバーなどが参加する。

Plus Alpha
Plus Alpha
Rhymester(ライムスター)
評価
Funky Grammar(ファンキー・グラマー)の中心的グループでもあるRhymester(ライムスター)。「真夜中の闘技場」と「報復 (Pay Back) '95」がこの盤のみ収録。あとは「エゴトピア」に収録された曲とそのリミックス。

…詳細を見る
Mellow Yellow Baby
Mellow Yellow Baby
Mellow Yellow(メロー・イエロー)
評価
Mellow Yellow(メロー・イエロー)は、Rhymester(ライムスター)の弟分的なグループとしてデビュー。メンバーのKohei(コーヘイ)がMummy-Dの実弟なのは有名である。

ハードコアとは対極の”メロー”なサウンドに、コミカルな内容のラップが乗る。3MCの掛け合いがいい。当時の学生気分を味わうことができる作品。

代表曲「Mellow Yellow Baby」「嫌いじゃない」「Pizza & Coke」などのほかに、Rip Slyme(リップ・スライム)との「Sure Shot」という今となってはレアなコラボ曲もある。

…詳細を見る
Lip's Rhyme
Lip's Rhyme
Rip Slyme(リップ・スライム)
評価
メジャー・デビューする以前にリリースされた初期作品。DJ Fumiya(DJフミヤ)とSu(スー)はまだメンバーに加入していない。地道に活動を続けていた彼らのルーツが垣間みれる。

…詳細を見る

Little Bird Nation(リトル・バード・ネイション)周辺の作品

Little Bird Nation(リトル・バード・ネイション)とは、スチャダラパーを中心に、キミドリ、四街道ネイチャー(ヨツカイドウ・ネイチャー)、らが所属するアーティスト集団の総称である。単に「LB」と呼ぶこともある。

1993年に、メンバー総出演の「Little Bird Strut」(スチャダラパーのアルバム「Wild Fancy Alliance」に収録)がリリース。翌1994年には、「Get Up And Dance」がリリースされる。

所属グループはほかに、Tokyo No.1 Soul Set(トウキョウ・ナンバー1・ソウル・セット)、脱線3(ダッセン・スリー)、Three One Length(スリー・ワン・レングス)など。

5th Wheel 2 The Coach
5th Wheel 2 The Coach
スチャダラパー
評価
1995年ですでに5作目というキャリアをもつ。まだまだ成熟していなかった日本のヒップホップ・シーンにおいて、一貫したスタイルをもっていた数少ないグループのひとつ。

アニとボーズのラップを聴いていると、独自の世界で楽しくやってる感じがよく出ているのがわかる。ニッチな市場だった日本語ラップ・シーンにおいて、一定の支持を得ていた。

Microphone Pager(マイクロフォン・ペイジャー)や雷などに代表される、「ハードコア」「不良」「男らしさ」が支持されていた時代。王道ではあったが、当時は間違いなく異端であった。

しかし、その真逆のスタイルで成功を収めた彼らは、開拓するべき日本の市場を誰よりも知っていたのだ。「日本語ラップ」に特化したひとつの成功モデルといえるだろう。

…詳細を見る
四街道 Nature
四街道 Nature
四街道 Nature(ヨツカイドウ・ネイチャー)
評価
スチャダラパーらとともに、Little Bird(リトル・バード)クルーとしてライブ活動に励んでいた。そのころの作品。

…詳細を見る
Shakkattack
Shakkattack
Shakkazombie(シャカゾンビ)
評価
実は、リトル・バード関連のアーティストとつながりのある彼ら。Osumi(オースミ)とTsutcie(ツッチー)に、Hide-Bowie(ヒデボウイ)が加入して結成された、2MC1DJユニットの初シングル作品。

Shakkazombie(シャカゾンビ)の名づけ親であるキミドリのKuro-Ovi(クロオビ)がラップで参加したタイトル曲「Shakkattack」は、同じくキミドリのクボタタケシによるプロデュース。

…詳細を見る

オムニバス作品

当時はインディペンデントで個人名義の作品をリリースするのは、かなり障壁が高かった。10曲つくってアルバムをつくるよりも、1曲ずつ持ちよってアルバムをつくるほうが早い。

楽曲の優劣がアーティストの優劣に直結するリスクはある。しかしそれが逆に、各アーティストに緊張感を与える結果となる。

The Best Of Japanese Hip Hop Vol.2
The Best Of Japanese Hip Hop Vol.2
Various Artists
評価
Jupiter Project(ジュピター・プロジェクト)主催のコンピレーション「The Best Of Japanese Hip Hop」シリーズの2作目。

実は、かなり豪華なこのコンピレーション・アルバム。Crazy-A(クレイジーA)を中心に、ZINGI(ジンギ)、Muro(ムロ)やDJ Krush(DJクラッシュ)などが参加している。

Soul Scream(ソウル・スクリーム)や、キングギドラのデビュー曲なども収録された、隠れた名盤である。

…詳細を見る
悪名
悪名
Various Artists
評価
これまでの日本語ラップ作品からは考えられないほど(良い意味で)暗い作品が並んでいる。

Rino(リノ)、Twigy(ツイギー)という飛びぬけたスキルをもつラッパーのソロ初作品を聴くことができる。

Naked Artz(ネイキッド・アーツ)や、Rappagariya(ラッパガリヤ)の初期作品を聴くことができるのも貴重。

…詳細を見る
Hey! Young Wold
Hey! Young Wold
Various Artists
評価
雷のメイン・メンバーである、Twigy(ツイギー)と、G.K.Maryan(GKマーヤン)が参加したコンピレーション・アルバム。Naked Artz(ネイキッド・アーツ)のデビュー作「Naked Artz」が収録されている。

Section S(セクションS)は、当時めずらしい女性MCの2人組ユニット。また、レゲエ方面のアーティストも参加している、かなりマニアックな作品。

…詳細を見る

そのほか注目の作品

さらにキーとなる3枚を紹介。

ホームシック
ホームシック
ECD
評価
代表曲の「Do The Boogie Back」は、スチャダラパーと小沢健二のヒット曲「今夜はブギーバック」のアンサーソング。キミドリや四街道ネイチャーが参加したお下劣な1曲。

また、You The Rock(ユウ・ザ・ロック)とTwigy(ツイギー)を招いた「Mass 対 Core」は、メジャーシーンに台頭してきた「Jラップ」に異を唱える作品。

ここで標的にされたのが、1993年に「Bomb A Head!」がヒットした、m.c.A・T(Da Pumpのプロデューサーとしても有名)、1994年に「Da.Yo.Ne」がミリオンヒットとなった、East End×Yuri(イースト・エンド・プラス・ユリ)など。

この作品を発表後、ECDはイベント「さんピンCamp」の企画を開始する。

…詳細を見る
Akira - Who Hates Crazy-A
Akira - Who Hates Crazy-A
Crazy-A(クレイジーA)
評価
ブレイクダンスの老舗チームRock Steady Crew(ロック・ステディ・クルー)の日本支部を任された、Rock Steady Crew Japan(ロック・ステディ・クルー・ジャパン)のリーダー、Crazy-A(クレイジーA)のフルアルバム。

客演に、ZINGI(ジンギ)周辺のアーティストが参加している。代表曲は「東京」。今では、B-Boy Park(Bボーイ・パーク)の主催者として知られている。

…詳細を見る
下克上
下克上
Lamp Eye(ランプ・アイ)
評価
卓越したスキルと声をもつRino(リノ)が所属するグループのデビュー作。タイトル曲「下克上」は、かなり攻撃的な内容で勢いのあるラップを聴かせてくれる。

目玉曲の「暗夜航路」は、まるで初期のDa Beatminerz(ダ・ビートマイナーズ)作品を聴いているようだ。

DJ Yas(DJヤス)による、まるで深海にもぐっていくようなサウンドを楽しむことができる作品。

…詳細を見る

追記

今回紹介した15枚は、CDで手に入る音源に限定している。昔の音源なので、手に入りにくいものも含まれている。その点はご了承いただきたい。

ジャパニーズ・ヒップホップの歴史をたどっていけば、いずれたどり着く名盤ばかり。中古CDショップや、レンタルなどで見かけたらチェックしてみてほしい。

ちなみに、この年にリリースされたレコードのシングルで有名なのは、Buddha Brand(ブッダ・ブランド)の「人間発電所」、およびプロモ盤「Funky Methodist」や、Lamp Eye(ランプ・アイ)の「証言」が有名である。

これらのレコードは、中古市場で一万円を超える値が付いていたこともある。今となっては、レコードプレーヤー自体もっていない人が多いので、完全なるコレクターズ・アイテムとなっている。

1995年までの歴史の集大成的イベント「さんピンCamp」

「さんピンCamp」は1996年の七夕に行なわれた伝説的イベントである。

アンダーグラウンドで地道に活動してきた日本のヒップホップ・アーティストたちが、日比谷野外音楽堂の舞台でついに陽の目をみる。

あいにくの雨ではあったが、日本のヒップホップ・シーンを支えてきた25組以上のアーティストたちによるアツいライブを観れば、少なからず当時の熱気を体感できるはずだ。

さんピンCamp (Legend Of Japanese Hip Hop) - ECD Presents
Amazonで見る
さんピンCamp (Legend Of Japanese Hip Hop) - ECD Presents
Various Artists
評価
Buddha Brand(ブッダ・ブランド)が活動拠点をアメリカから日本に移すということで、ECDがその過程をドキュメンタリー映画にしようとしたのがはじまり。

映画の前半部分は、実際にドキュメンタリー映画のような構成となっている。後半部分は、日比谷でのイベント風景に大きく時間を割いている。

若かりしライムスターやキングギドラのライブが観れるほか、雷の「証言」や、大神(シャカ+ブッダ)の「大怪我」まで収録されている。

当時の参考資料としても貴重な映像作品である。

ヒップホップの歴史

歴史年表

2Pac(2パック)の歴史年表 (1971-1996)
2Pac(2パック)の歴史年表 (1971-1996)
もっともカリスマ性の高いヒップホップ・アーティストの濃い生涯をたどってみる。
ジャパニーズHIP HOPの歴史年表 (1985~2009)
ジャパニーズHIP HOPの歴史年表 (1985~2009)
アメリカの背中を追いながら進化してきた日本のヒップホップの歴史をたどってみる。

先人のアーティスト

ヒップホップを創造した3人のDJ
ヒップホップを創造した3人のDJ
ブレイク・ビーツ、スクラッチ、ヒップホップの名づけ親をそれぞれ紹介。

ビーフ

KRS-One vs. MC Shan
KRS-One vs. MC Shan
ヒップホップ発祥の地をめぐっての抗争。
KRS-One vs. MC Shan
Nas VS. Jay-Z
2001年~2002年ごろに起こったビッグ・アーティスト同士のビーフ。
D.L vs. K Dub Shine
D.L vs. K Dub Shine
インターネット上で勃発した日本で初めてのビーフ。

ヒップホップの歴史